酵素サプリを摂取するとお腹が張ることがあるそのメカニズムとは

酵素サプリを摂取するとお腹が張ることがあるそのメカニズムとは

19 2月, 2017

歳を重ねると次第に身体の中で分泌される酵素の分量が減少してしまいます。そうなると、酵素の大切な役割である消化や代謝の面で衰えが見え始め、これまで順調だった胃腸のコンディションが悪くなったり、また栄養分を全身に供給したり路は異物を的確に排出するといった新陳代謝が弱まると風邪をひきやすくなるなどの障害が生まれます。このような状況を改善するには減少した酵素を補ってあげるのが一番です。その意味でも酵素サプリなどを摂取することで口から十分に取り入れてあげるだけでも大きな効果が得られます。

ただし、酵素サプリを摂取し始めると、そこからしばらく身体の異変が感じられることがあります。例えば顕著なのは、オナラが出やすくなったり、そのオナラが臭かったり、さらに下痢をしたり、お腹が張るなどの症状を実感することもあります。これを受けて酵素サプリが自分に合っていなかったのだと判断して摂取をやめてしまう人もいるようですが、この判断は早計と言えるでしょう。それはオナラや下痢、お腹が張るなどの症状はいずれも好転反応の可能性が強いからです。

この好転反応においては、サプリを摂取し始めたことによって体質に変化が訪れ、それによって胃腸内に止まって消化できずにいたかすなどが一気に消化へと転じる際にガスが発生します。これがお腹の張りとして実感されるわけです。また食物の消化が一気に進むと下痢などとなって急速に排出されるケースもあります。いずれも体質の移行期に起きうる症状で、むしろ感激すべきもの。摂取を始めて1、2週間ほどで落ち着きますので、その後はより快調な胃腸のコンディションや体内の新陳代謝を実感できることでしょう。酵素サプリランキングで自分にある酵素サプリを探してみると良いでしょう。